スズメバチの危険性!アナフィラキシーショックとは?

放置することはできない【厄介な蜂の巣への対処方法】

スズメバチの恐ろしさ

毒性の強さや攻撃性の高さから見ても、最も注意するべき蜂はスズメバチでしょう。以下は、そんなスズメバチに刺された際の問題と、対処の方法についてです。

一回目でもアレルギーが出る

蜂に刺されてしまうと、刺された箇所にかゆみや赤みによる腫れが現れます。これは、蜂の毒に含まれるヒスタミンと呼ばれる物質が作用するからです。このヒスタミンは人の体内でアレルギー症状を引き起こします。アレルギーによる症状は肌の腫れだけでなく、嘔吐や寒気、アナフィラキシーショックなども起こる可能性があるため、注意が必要です。

アレルギーの検査方法

アナフィラキシーショックは、嘔吐や呼吸困難、痙攣などの症状を引き起こす重篤なショック症状です。多くの人は蜂に二度刺されると発症すると考えます。しかし、初めて刺された人でも、一度に複数箇所を刺された場合などは発症リスクが高くなるため危険です。

まとめ

アレルギー反応は、見た目ですぐに判断できるとは限りません。目立った症状が見られずとも、運動などをすることですぐに重度のショック症状が誘発される恐れもあります。蜂に刺された場合は、念のため病院で見てもらうとよいでしょう。

蜂の子は栄養価が高い (男性/40代)

危険なイメージの強いスズメバチですが、地域によっては食べるところもあります。蜂を食用として販売をしている駆除業者もおり、そのような業者は、殺虫剤を用いずに捕獲するやり方で駆除をします。

TOPボタン